素敵な指輪で永遠の愛を|永久に着ける結婚指輪をゲット|綺羅びやかな指元

永久に着ける結婚指輪をゲット|綺羅びやかな指元

男女

素敵な指輪で永遠の愛を

カップル

指輪を贈りあうことの意味

近年、婚約指輪を贈らないカップルは増えてきましたが、結婚指輪はほとんどのカップルが贈りあっているのが現状です。しかしそもそも結婚指輪とは何なのか、その由来を知らない人がほとんどではないでしょうか。その起源は古代ローマ時代から始まったという説があるようです。指輪の交換というセレモニーが日本に伝わってきたのが約60年前と言われており、それ以降、結婚式で一般的に指輪の交換が行われるようになったのです。結婚指輪の丸いかたちが「永遠」を表しており、夫婦で身につけることで「ふたりの愛が永遠に続くように」という祈りが込められているのです。結婚指輪は左手の薬指につけることが多いのですが、それはそこに心臓(ハート)につながる血管があるという古代エジプトの言い伝えからきているようです。

指輪の選び方

結婚指輪を購入するのは、おそらく結婚する際の一度きりになるでしょうから、慎重になるのは当然のことです。どちらのブランドのものが良いのか、迷う方も多いでしょう。結婚指輪は基本的に毎日身に着けるものですから、好きなブランドや思い出のブランドから選ぶのがおすすめです。一方で、最近ではブランド物にこだわらず、オーダーメイドの指輪工房などで手作りするカップルも増えているようです。誕生石を入れたり、お互いに贈りたいメッセージを刻んだりするなど、世界にひとつだけの結婚指輪をつくるのも素敵です。その場合、出来上がりまでに時間がかかることがありますので、結婚式に間に合うように余裕をもって準備をした方がよいでしょう。